▶講座一覧


◆各講座のご案内
新聞は社会を学び、読解力を高めるのに最適の教材です。北日本新聞社は、新聞の読み方や活用法をわかりやすく解説する各種の出前講座を行っています。富山県内の園児や小中高校生、専門学校生、大学生、ビジネスマン、子育て世代、シニア世代まで、幅広い年齢層の学校、企業、団体、グループを対象に受け付けています。小中学校は受講無料ですが、高校以上は内容により一部有料となり、別途、教材費(受講者1人につき新聞代40円)がかかります。ご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

▼ご注意▼
・ご希望日の1カ月前までにお申し込みください。
日程、テーマなどはご希望に応じて調整させていただきます。
・北日本新聞社の記者や社員を講師に派遣します。


NIE講座(小中高校の出前教室)のお申し込みはこちら

社会の「今」を知る生きた教材として新聞を活用し、授業を行います。
小中高校生を対象に、記者が学校を訪れ、「新聞の読み方」や「新聞の作り方」などを指導します。
気に入った記事を持ち寄るスクラップシートづくり、クイズ形式の新聞解説など、楽しいメニューをそろえています。



主権者教育講座のお申し込みはこちら

18歳選挙権の実施に対応し、新聞を使って、選挙の仕組みや投票の意味を考える主権者教育講座を受け付けています。中学校、高校、専門学校、大学などが対象です。



小論文講座のお申し込みはこちら

新聞記事を教材に、時事問題をテーマにした小論文の書き方を指導、添削します。



読解力アップ講座のお申し込みはこちら

OECDの国際学力調査PISAで、日本の高校生の読解力が大きく順位を落としています。文章の意味をしっかり読み取ったり、自分の考えを簡潔に文章にまとめて表現したりする子どもたちの力が低下しているのは、スマホの普及によって、短い単語だけのやり取りが広がっていることが原因と指摘されています。一方で、新聞や本をよく読む子は読解力が高いこともデータで証明されており、講座では新聞をテキストに、読み方や書き方のコツを指導します。



NIB講座(企業の社員研修)のお申し込みはこちら

新聞をビジネスに生かす方法を指導します。
営業に生かす効果的な新聞の読み方、記事スタイルを応用したビジネス文書の書き方、記事をテーマにしたディベートなどの実践的なメニューをそろえた1時間から1時間半の講座です。
テレビ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使ったリモート方式による受講も受け付けています。
受講料として、講師派遣料4万4千円のほか、教材費として受講人数分の新聞(1部140円)をご購入いただきます。
<< 北日本新聞NIB講座/これまでの開催企業 >>
北陸銀行、北陸電力、トナミ運輸、NTT西日本、富山第一銀行、
リッチェル、ファインネクス、オレンジマート、品川グループ、
富山県庁、富山市役所、魚津市役所、滑川市役所、
富山商工会議所青年部、高岡商工会議所青年部ほか



新聞の読み方、脳トレ講座のお申し込みは
こちら

新聞記事は、内容を要約した大小の見出しをつけ、ひとめでニュース価値がわかるように配置されています。短時間でわかりやすく伝えるための文章技術も数多く取り入れており、文章の書き方の参考になります。読解力アップや脳トレに役立つ効果的な読み方をわかりやすく指導します。(受講費は教材用の新聞代1人140円です)



新聞エコバッグ作りのお申し込みはこちら

新聞紙面を使っておしゃれなエコバッグを作ってみませんか。新聞とのりだけで作るバッグで、十分な強度があり、買い物などに使える実用品です。紙面に合わせてデザインやサイズを自由にアレンジすることもできます。子どもも簡単に作ることができる大人気の講座です。(受講費は材料代として1人300円です)



新聞うちわ作りのお申し込みはこちら

新聞紙面を型枠に沿って切り取り、貼り付けるだけ。簡単にできるうちわ作りに挑戦してみませんか。カラフルな写真やデザインを使えば、あなただけの個性的なうちわに仕上げることができます。(受講費は材料代として1人300円です)



天地人書き写しのお申し込みはこちら

北日本新聞の1面コラム「天地人」を書き写す体験会です。書道講師が美文字の書き方のコツを丁寧に指導します。書き写しは脳トレや語い力、文章力、集中力を高めるのに効果が高いとされ、書き写し専用ノートは小中学生からお年寄りまで幅広く利用されており、累計販売部数が15万部に達するベストセラーとなっています。(講師派遣料が必要です)



記事スクラップ教室のお申し込みはこちら

気になる記事を選んで、切り抜いて専用シートに貼り付け、感想を書き込みます。ゲーム感覚で楽しみながら、読む、考える、書く、学力を高める効果が期待される学習法です。小中学生を対象に毎年、作品コンクールも開かれています。家族で一緒に参加して、体験してみてください。(受講は無料です)





【お問い合わせ】
北日本新聞社読者局 出前講座係
TEL:076-445-3412(平日9時-17時)